郵便局へいった

妊娠安定期直前ということもあり、体調がかなり安定してきた。つわりで失った体力を戻すために、少し遠回りをしながら郵便局へ向かった。外は凍えるような寒さだったが、郵便局の中は眼鏡が曇るほど暖かかった。年賀状を窓口で購入すると、その横にかいけつゾロリの年賀状キットが売っていた。可愛いなぁと眺めていると、局員の人が笑顔で「来年がいのしし年なので」と教えてくれた。そういうことか!(主人公ゾロリの弟子が、2匹のいのししである)欲しいと思ったが、ゾロリを送って喜ぶ人は知り合いに少ない。残念ながらあきらめた。定期預金の満期の手続きもしよう。貯金窓口の札を受け取り、椅子に座って待とうとした時、窓の付近に大きな、水の張ってあるプランターを見つけた。なにか魚でもいるのかな…?覗いてみると…いた!メダカだ。いやメダカかわからないけれど。魚に明るくないので小さい魚は基本メダカに見える。メダカ(仮)が泳ぐたびに、水面に浮かぶ小さな水草がちょいっと動いた。なんだか水草を動かして遊んでいるように見える。さらにしゃがみこんで近くで見ると、小さなエビもいる。手足をちょこちょこ動かしてなんとも愛らしい。じーっと観察していたら、窓口に、すこし笑われながら番号を呼ばれた。いい年して真剣に魚をのぞき込んだのを少し恥ずかしく感じたが、魚が可愛かったからまあいいか。おさかなかわいい。なんだか弾んだ気持ちで帰宅した。http://myvpsforum.com/